poem

poem

【詩】シャツ、裏返しで

近所の男の子、 よく話しかけてくれる その子の家からこちらにやって来る 長袖シャツを裏返しに着て ごあいさつをしてくれた と思ったら、 ずっと前に行ってしまった わたしのこどもの姿に変わった 長袖シャツはきちんと表で着て...
poem

【詩】領海に溶け込んで

私はいま どこにいるのかどこを彷徨っているのか日本にいるのか日本という国にいるのかそれともただ単に日本列島という土地に立っているだけなのか 私がずっと思っていた場所にじつは ずっと存在していなかったのかもしれない 離人感国なき...
poem

「結氷」

冬空の下 湖面を覗くと 5歳の時の僕がいた その時 君は 一体 いくつだったのか 山から吹き降ろす風は 君のその表情ほど凍り付いてなんかいない 別々に歩いて行こうと 諏訪湖の 湖畔のコテージで話し合った夜 君の表情はまだ曇っ...
poem

【詩】月の向こう側

いまわたしはどこに立っているのか あの満月も向こうに回れば暗闇を司る新月 記憶の図書館の中央で昔の記録が飛び交う いま未来に頭を打って死ぬと 過去が日の出と共に上がる 戸籍に小さな名前だけを刻み 住民票で召し上げられ...
poem

【詩】峠を越えて海に出る

家の 清らかな記憶と 汚れた血肉が 森の湖水に沈んでいく 峠を越えて 海に出る 黒い土地が 見えない潮でコーティング されて ただの砂になる 峠を越えて 海に出る 雨が森を流れて 立木が枯れ 魚が...
poem

【詩】透明なタイミング

「ボクじゃなくてもよかった」と あくまで、前向きにそう宣言するとき すべての時間が巻き戻されて 止まっていたタイミングが動き出す 『だれでもよかったのに、ただたまたまそこにいただけということ』 そう ピストルを持たないガンマ...
poem

【詩】あさひを溶く魔法

きづかなくていいんだよ ということにきづいてしまうと このせかいのめっきがまたひとつはがれて 宇宙を舞う石の上にたった一人で立って 地球を覗くとみどりの樹液が地軸をつたって落ちた 金星にぼくの真実を置いてきた す...
poem

【詩】押戸石(おしとのいし)

阿蘇を旅したとき 360度なにもない草原の真ん中に立った 押戸石という巨岩だった』 北斗七星を、北斗七星が 裏打ちされた、地上に 置き石として。王国の宮殿の礎石 中心はここだと磐の精が云う 一時が一昼夜に伸び縮みをして...
タイトルとURLをコピーしました