岡本敏子さんの思い出|太郎の大きさを感じる一瞬の出来事

Blog
スポンサーリンク

岡本太郎の養女だった最晩年の岡本敏子さんと、忘れられない思い出がある。

人生に迷う時代に熱中した岡本太郎

大学生の頃、たまたま書店で出会った岡本太郎の本。

みすず書房『岡本太郎の本』シリーズの「呪術誕生」や、青春文庫「自分の中に毒を持て」などは何度読み返しただろうか。

自分というものがまだ確立せず、何者かもわからない20代前半にあって、危険なことにこそ飛び込んでいくべきと繰り返し訴えかける岡本太郎の言葉は、とても鮮烈だった。

青山のアトリエを利用した岡本太郎記念館や、都心から鉄道とバスを乗り継いでたどり着いた川崎市岡本太郎美術館を訪れたのもこの頃である。

created by Rinker
¥3,000(2022/12/07 14:35:53時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥663(2022/12/07 02:52:02時点 Amazon調べ-詳細)

地元で開催された岡本太郎展で

岡本太郎ブームは数年おきにやってくる。

ちょうど2004年も全国で展覧会が開催されていて、愛媛のミウラート・ヴィレッジでも「岡本太郎展ー永遠の挑戦ー」があった。

この展覧会の目玉は開催開始の前日、プレ・オープニングイベントのトークショーに岡本敏子さんが登壇されることだった。

当日、岡本敏子さんはタイトなスケジュールのなか、松山にやって来ていた。

トークショー終了後、岡本敏子さんの新刊にちなんだサイン会が開催されたのだが、100人以上の行列ができた。

トークショー自体、スタッフの時間管理を気にせず大幅に時間を延長していたため、サイン会は当初の予定より短縮されることになった。

丁寧に時間をかける敏子さんの人柄

いま、生きる力 (青春文庫)|岡本敏子

運良く、行列の3人目に当たった私。

丁寧なやりとりのため、1人目ですでに数分が経っていたのだが、敏子さんはまず私の目をあのあたたかでつぶらな瞳でまっすぐ見つめると、氏名をはじめ、どこからやってきたのかを丁寧に聞きながら、毛筆で本の裏表紙にサインをしていく。

「太郎さんのどんなところが好きなの?」

「太郎さんは、こういうことをよく言ってたわ」

「あなたもきっと太郎さんのようにパワフルで素敵な人生を送ってね」

など、サインをしてもらっているこちらが「こんなに一人に時間を割いて大丈夫なんだろうか」と心配するほどだった。

そばにいたスタッフさんが敏子さんに何度もジェスチャーをして、もっと早くとアピールしていたが、敏子さんはそんなことお構いなし。

敏子さんとの忘れられない握手

敏子さんは、サインをした本を手渡してから、最後に私の両手を握って、

「太郎さんの作品や本をたくさん触れて、愛してあげてね」

と温かな言葉をかけてくれた。

こちらが恐縮してしまうほど、長い時間、手を握ってくれていたように感じた。

頭が熱くなって、現実感がないまま列を離れていくと、背中からスタッフのアナウンスが聞こえてきた。

「敏子さんは飛行機の都合で、この後、サイン会が終わったらすぐ会場を出ないといけません。サインと握手だけ、1人1分程度でお願いします」

会場の時計を見ると、私のサインだけで5分近く経っていた。

人生の最期に出会った一人として

私は、岡本敏子さんの貴重な時間を贅沢に共有できたことにとてつもなく体が浮き立つと同時に、岡本太郎を通して敏子さんが伝えたかったことの重みをずっと考えた。

サイン会でお話しをしてから約半年後の2005年4月、あれほどエネルギッシュだった岡本敏子さんの訃報を知って、信じられなかった。

最晩年の人生のわずかな時間を岡本太郎を通して共に過ごせたことを、20年近く経った今でも折に触れて感謝している。

太陽の塔|Prime Video

タイトルとURLをコピーしました