Blog

灯油配達サービスに登録してみた|防災対策

築50年の木造家屋のわが家。 すきま風が堪える冬、灯油の暖房器具は欠かせません。 防災対策に灯油はぜひ備蓄しておきたい ハイシーズンに入ると1週間で18Lのポリタンク1〜2缶を使うペース。 ポリタンクは4缶揃えていま...
Blog

原付バイクの任意保険|固定費の見直しシリーズ①

原付バイクの自賠責保険は忘れた頃にやって来ます。 この春、5年ごとの自賠責保険の満期が近づいてきました。 カブ90の場合は、原付(〜125cc)13,980円(36ヵ月)。 自賠責保険の再加入にあわせて、もし、原付単体でバ...
Blog

里桜がいよいよ見ごろに!

松山市の郊外、東温市川内町にある「さくらの湯」に立ち寄ったら、里桜が五分咲きでした。 こどもの頃から彼岸桜や里桜、山桜など、赤みの濃いサクラが好み。 When I stopped by "Sakura no Yu" in...
Blog

アイドルグループの新センターが活動自粛まで至ったことについて。

デビュー10周年の乃木坂46。 アイドルの人気も時代とともに移り変わりますが、ここ数年のトップの座に位置するグループでしょう。 新センターが活動自粛へ 新5期生の発表で注目されていた中で、デビュー直前の新メンバーの過去の言...
Blog

筋が通るということ、街の時間が止まるということ。

コロナ禍1年目は日本で暮らしていて良かったと思っていたけれど、3年目になるとヨーロッパやアメリカのほうが、一本筋が通ってる感じで、単純にうらやましい。 合理的というのはどこまでもドライな面があるものの、そうであっても大多数が承服できや...
今夜の読書メモ

ジョン・ロック「統治二論」

コロナ禍で面白いようにメッキが剥がれ落ちていく日本。 年齢と共に「政治や行政など、この程度のものだろう」と諦めつつ気にしないようにしていたものの、ここまでのレベルかと改めて嘆きたくなる。 社会に対する2種類の態度 『社会を...
writing

姉の次に生まれたボクはなぜ次男になれなかったのか。

大学に入る前、独学で精神医学とフェミニズムの勉強を一通りやりたい、という目標があった。 勉強といっても、図書館で専門書を読む、書店でお金を貯めて気になる本を買って読む、といったイメージだ。卒業するまでに、何となく全体像がわかっていれば...
poem

「結氷」

冬空の下 湖面を覗くと 5歳の時の僕がいた その時 君は 一体 いくつだったのか 山から吹き降ろす風は 君のその表情ほど凍り付いてなんかいない 別々に歩いて行こうと 諏訪湖の 湖畔のコテージで話し合った夜 君の表情はまだ曇っ...
Blog

【謹賀新年】あっという間に三が日が過ぎて

明けましておめでとうございます。 お正月休み、いかがお過ごしでしょうか。 あっという間の三が日の過ごし方 私は、元日は家でゆっくり、2日は近所の神社に初詣に出かけて、夕方から仕事部屋の片付けをしました。 3日目の今日...
Blog

河瀬直美の同級生だったクラスメイトのこと。

大学2回生のとき、同じゼミのクラスメイトに社会人入学の女性がいた。 ときどきゼミのワークショップで同じになったり、講義が始まるまでのちょっとした時間に言葉を交わしたりしていた。 近寄りがたいオーラを持つ女性 内側に圧縮され...
タイトルとURLをコピーしました