朝霧高原(乃木坂46『サヨナラの意味』MVロケ地)|静岡県富士宮市

朝霧高原Journey
スポンサーリンク

アイドルグループ・乃木坂46の16thシングル『サヨナラの意味』。

2016年11月発売の楽曲で、8分28秒のMVが公式YouTubeチャンネルで視聴できます。

この曲で卒業する橋本奈々未をセンターとして、選抜メンバーのほか俳優の嶋田久作が集結。

「棘人」というキーワードをテーマにファンタジックな世界観を演じ切っています。

美しい富士山の麓でおこなわれるダンスシーン

MVの終盤に差し掛かって、ダンスシーンのロケ地が気になりました。

雄大な富士山をバックに広い草原でメンバーがダンスをしていて、

「富士山はやっぱり絵になるな」

と改めて感じました。

そこで、一度、その場所に立ってみたいと思って、富士山周辺を回ってみました。

草原に富士山というシンプルなポイント

朝霧高原

ネットで調べたところ、ロケ地はキャンプ場などで知られる富士山の西麓、朝霧高原にありました。

道の駅 朝霧高原 をまっすぐ南下して車で約5分。

途中で林道に入り、ゆっくりと進むと、突如目の前に富士山が現れます。

乃木坂46 『サヨナラの意味』
富士山麓のダンスシーンは 6:23 〜

一帯は牧草地。

時期によっては牛がのんびり草を食んでいるのでしょう。

訪れた日はにわか雨も降るなど、あいにくの曇り空。

しかし、誰も居ない草原で富士山をじっと見つめていると、ほんのちょっとの間だけ雲から頭を覗かせてくれました。

富士山をひとり占めしたようなうれしさ

朝霧高原

アクセスしづらい場所ですが、もしまたこのあたりを訪れることがあったら富士山を眺めていきたいなと感じる素敵な景色でした。

朝霧高原(乃木坂46『サヨナラの意味』MVロケ地)|静岡県富士宮市
タイトルとURLをコピーしました